活版印刷のオリジナル名刺

こんにちは。pavan-tiです。

 

パバンティでは洋服のお直しの他にも、こんなこと(紙もののデザイン制作)もしています。

 

2015年より出身地である東川町にて、姉妹で営むお店ですが、洋服のお直しは主に姉が担当。

妹はパバンティに参加する前の10年近く、東京でDTPデザインや書籍の編集のをしていた経験から

お店の工房奥でデザイン編集のお仕事もお受けしています。

 

今回は活版印刷で作った名刺をご紹介します。

 

活版印刷とは、500年以上の歴史を持つ印刷技法で、活字を組み合わせてつくった版に、圧力をかけて印刷する技術のことです。

通常の機会印刷(オフセット印刷、オンデマンド印刷といわれています)では生まれない、凹凸も魅力のひとつです。

 

名刺はもちろん、ショップカードやダイレクトメールなどにもオススメの手法です。

 

洋服の直しやリメイク同様、古くからある手仕事に惹かれ、紙のデザインにおいても

昔ながらの手法を取り入れた活版印刷での制作も取り入れています。

 

名刺は人と繋がるうえで大切なものですよね。一枚一枚にご自身の思いを込めて差し出すことと思います。

 

 

 

凹凸を出すために、今回はボード紙という厚みのある紙を使用。

紙の色も選べます。

なんといっても触れる文字という所が活版印刷の好きなポイントで、手触りが良いです。

 

 

両面印刷にし、表面は通常の名刺デザイン。

裏面はインクをのせていない版で押す、空押し(からおし)という方法でのロゴ印刷。

 

インクには金や銀、白を選んでも個性的な仕上がりになります。

 

どんなものを作りたいか、構想する時間がとても楽しいですね。

 

 

 


10月の営業日ご案内

0

    10月の営業日、休業日のご案内です。

     

    10月は、月火の定休日に加え、10/23〜30まで店主不在のため

    臨時休業とさせて頂きます。ご来店予定のお客様には大変ご不便をおかけします。

     

     

    10月の北海道、急な寒さから暖房を使う日も増えて来そうですね。

    冬物のお直し、ご相談などもお待ちしています。

     


    9月営業日のご案内

    0

       

      9月の営業日、休業日のご案内です。

      9/8〜11は所用につき、臨時休業が含まれます。

      上記以外は月火が定休日となります。

      お直しのご依頼、ご相談はお電話やメールでも可能です。

      季節の変わり目、お直しご依頼の素材も厚地が増えてきました!夏のお洋服も、まだ楽しみたいですね。

      北海道上川郡東川町南町1-3-2
      TEL/0166-99-0073
      MAIL/info@pavan-ti.com


      8月の営業日ご案内

      0

        北海道の短い夏。

        8月は何かと外へ出かける機会が多くなるのではないでしょうか?

         

        pavan-tiでは8月はオープン以来初めてのお洋服の展示会「グランピエのお洋服展」を開催します。

         

        展示会の詳しいご案内はこちらの記事をご確認ください。

         

        8月は夏季休業もはさむため、普遍的な営業日となっております。

         

        ご確認のうえ、ご来店心よりお待ちしております。

         

         

        洋服のお直しと雑貨のお店

         

        ===== pavan-ti ========

        〒071-1424
        北海道上川郡東川町南町1-3-2
        TEL&FAX 0166-99-0073
        www.pavan-ti.com


        グランピエ洋服展を開催します

        0

           

          ◆◇「西洋民芸の店 granpie 洋服展」のお知らせ ◆◇

           

           

          8/4sat.〜26sun. at pavan-ti (東川)

           

           

          旅する民芸店「グランピエ」から、手紡ぎ手織りのカディコットン、肌触りの良いインド綿、リネンを使ったお洋服が一同に集まります。
          グランピエのお洋服は生地作りからこだわっているものが多く、素材の良さが際立ちます。
          一年を通して身につける事ができるデザインも魅力的です。

          見ているだけで心が踊るようなパキスタンのオールドキルト、インドのガラス製品、アフリカや中南米のアクセサリーもご紹介します。

          どうぞ、袖を通しに、見に、いらしてください。

          8月の店舗休業日も合わせてご確認ください。

           

           

           

          グランピエさんとの出会いは東京に住んでいた頃です。
          1点しかない世界のどこかの民芸品に興奮したのを思い出します。
          店舗に並ぶ品物はそれはそれは素敵で、いつか故郷(東川)にて、お取り扱いできたらいいなぁと 夢のように描いていました。

          それから何年か越しです。。 本展示会では普段店頭に並ばない、貴重なアイテムを多数ご紹介します。
          グランピエさんの、ものづくりへのこころざしを含めてお届けしたいと思います。

           

           


          | 1/18PAGES | >>